こんにちは!
最愛の会です。
大阪府八尾市に拠点を置き、地元地域を中心に大阪府で身元保証サービス業を行っております。
家族のように寄り添い、日常生活支援や終活支援などに加え、緊急の際にも24時間365日体制で対応いたします。
「後見サービスと身元保証サービスの違いって何?」と、お思いの方も多いでしょう。
そこで今回は「後見サービスと身元保証サービスの違いとは?」というテーマを設定し、詳しく解説してまいります。
ぜひ最後までご覧ください。

成年後見人の役割


よく聞く「後見人」とは、「成年後見人」のことです。
成年後見人は、認知症や知的障がいなど、裁判所により十分な判断能力がないと判断された方が利用できます。
財産管理や身上監護を行う法定代理人のことで、民法で定められているのです。
成年後見制度には2種類あります。
「法定後見」は、ご本人の判断能力が低下した後にご家族などが家庭裁判所に申し立てを行い、家庭裁判所が成年後見人を選任します。
「任意後見」は、ご本人の判断能力が低下する前にあらかじめ任意後見人になる方を決めておける制度です。
いずれの後見人も、財産管理と身上監護を行うことが共通しています。

身元保証人の役割

身元保証人は、身元引受人の役割があります。
病院や老人ホームへの入居手続き・支払いや、日常生活のサポートなどを行い、ご逝去後の対応までフルサポートできるのが身元保証人・身元保証サービスです。
身元保証人が必要とされることは意外と多く、入院時や介護施設への入居、亡くなった時にも必要になります。
そういった手続きを、ご本人様や遠方のご家族に代わりサポートできるのが身元保証サービスの特徴です。

後見人は身元保証人にはなれない

後見人は、契約や手続きはできても債務の保証を行いません。
あくまでもご本人の「法定代理人」であることが、身元保証人との大きな違いです。
身元保証人を立てることを求める高齢者施設も少なくありません。
ご本人の身元を保証するためには、ご家族やご親族または身元保証サービスによる保証人が必要です。

身元保証人が必要な方に!当会がお役に立ちます


最愛の会では、いつでもどなたでもご相談いただける体制を整えております。
福祉施設や病院の相談員の方とともにご利用者様の今後を考え、より良い暮らしを送れるようご提案させていただきます。
今後、関係者の皆様との協力は必要不可欠になるでしょう。
地域に密着したサービスを提供しておりますので、安心してご利用いただけます。
身元保証サービスをお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました。


「最愛の会」は大阪府八尾市の身元保証・生活支援サービス事業者です
〒581-0004 
大阪府八尾市東本町5-2-5
TEL:072-970-6836